宮国は4回6安打2失点も「感覚は良かった」

[ 2014年3月10日 18:49 ]

オープン戦 巨人7―6阪神

(3月10日 伊勢)
 巨人の宮国は4回で6安打を許したものの2失点(自責点1)にまとめた。初回は鳥谷から3球で見逃し三振を奪い「いいところも悪いところもあった。感覚は良かった」と話した。

 先発陣は内海、杉内、大竹、菅野の4人が確定し、残りの枠を若手らが争っている。川口投手総合コーチは「5、6番手に食い込む可能性がある」と今後の投球に期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年3月10日のニュース