白井オーナーが落合氏手腕再評価「力を持っている人」

[ 2013年10月1日 06:00 ]

中日の次期監督候補に急浮上した落合氏

 中日の白井文吾オーナー(85)が30日、次期監督候補に急浮上した落合博満前監督(59=野球評論家)について言及した。8年間で4度のリーグ優勝を果たした名将について「そりゃ、力を持っている人だから」と在任当時と変わらぬ信頼を口にし、その手腕をあらためて評価した。

 この日はスポニチ本紙の「落合氏急浮上」の報道を受け、名古屋市内の中日新聞本社で坂井球団社長、西脇編成担当の3者で緊急会談を行った。報道については「ちゃんと理由があって書いていることだろうから、否定も肯定もしない。しばらくたってから、それが正しかったか正しくなかったか分かるわけだから」と話した。

 中日は高木守道監督(72)が今季限りで退任することが決定しており、水面下で後任の選定作業を進めている。しかし白井オーナーは次期監督の決定時期に関しては「ペナントレースをやっている間は何も協議しないと言ってあるから、そういうことです」とこれまで通りのコメントを繰り返した。西脇編成担当も「5日の最終戦が終わるまでは動くなと言われている。何もわからない。現実に動いていない」と白紙の状態であることを強調。しかし、来季の編成を考えれば時間的余裕はなく、監督選考はいよいよ最終的な調整に入る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース