巨人 05年ドラフト1位の辻内ら5選手に戦力外通告

[ 2013年10月1日 14:56 ]

 巨人は1日、辻内崇伸投手(25)、岸敬祐投手(26)、リン・イーハウ投手(22)の3選手と、育成選手の松冨倫内野手(23)、渡辺貴洋投手(21)の2選手に来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

 辻内は2005年の高校生ドラフト1位。大阪桐蔭3年時の夏の甲子園では、国内左腕最速の156キロを計測。藤代との2回戦で19奪三振を記録した。

 高校生ドラフト1巡目で2006年に入団したが、故障にも悩まされ、昨年8月には初の1軍昇格を果たしたが、登板の機会はなかった。この日、2軍の全体練習前にあいさつを済ませた辻内は、今後について、「家族と相談します」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース