荻野貴、右太もも痛で抹消…CSファーストステージ絶望的

[ 2013年10月1日 21:26 ]

 ロッテの荻野貴が1日、千葉市内の病院で右太もも裏の肉離れで全治3週間の見込みと診断され、出場選手登録から外れた。9月30日の試合の走塁で負傷していた。ロッテは2位につけているが、12日から始まるクライマックスシリーズのファーストステージへの出場は絶望的となった。

 伊東監督は「2、3日で治りそうなけがではない。残念ながら抹消します」と話した。荻野貴は4年目の今季、自己最多の102試合に出場し、打率2割7分5厘、26盗塁をマークしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース