福浦サヨナラ犠飛「ユニホーム着られる喜びを」

[ 2013年10月1日 06:00 ]

<ロ・日>10回裏無死満塁から福浦がサヨナラの左犠飛を放ち歓喜のジャワーを浴びる

パ・リーグ ロッテ1-0日本ハム

(9月30日 QVC)
 ロッテは0―0の延長10回無死満塁から、福浦が左犠飛を放ち、今季8度目のサヨナラ勝ちを収めた。

 CS進出へ一歩前進した。「何とか犠飛になった。勝つことができて良かった」と安ど感をにじませた。この日の試合前には、引退会見を行った薮田が、チーム全員の前であいさつ。福浦は「自分はまだユニホームを着られる喜びをかみしめながらやっていきたい」と感慨深げに話した。20年目のベテランをスタメン起用したことが奏功した伊東監督は「数少ない経験者の一人。自分の姿を出してくれている」と絶賛した。これで3位ソフトバンクとのゲーム差は1・5、4位西武とは3・5に広げた。

 ▼ロッテ・唐川(7回5安打無失点と好投)相手投手も良かったので、何とか悪いなりに粘ることができてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース