ひちょり、小池は戦力外…FAで加入も今季出番激減

[ 2013年10月1日 07:56 ]

来季構想外となったDeNA・森本稀哲

 DeNAの森本稀哲外野手(32)、小池正晃外野手(33)が来季の戦力構想から外れていることが30日、分かった。近日中に球団から両選手に通告される。

 ともにFA移籍で加入した実績十分の両ベテランだが、若返りのチーム方針で今季限りの退団が決まった。森本は10年に日本ハムから移籍。ムードメーカーとしてファンから人気を集めた。今季は3試合の出場にとどまりシーズンの大半を2軍で過ごした。11年に中日から復帰した小池も、今季は12試合で打率・150と低迷した。

 今季の外野は荒波、モーガン、多村、金城、松本、井手らが激しい定位置争いを繰り広げ、森本、小池の出場機会は激減した。チームは06年から8年連続のBクラスが決定。世代交代を図るため、ラミレスに続き、森本、小池もDeNAを去ることになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース