防御率&奪三振カーショー2冠 1点台は8年ぶり

[ 2013年10月1日 06:00 ]

 ナ・リーグはレギュラーシーズン全日程を終了し、個人タイトルが確定した。

 投手部門ではカーショー(ドジャース)が3年連続の最優秀防御率に輝き、最多奪三振とともに2冠を獲得。3年連続最優秀防御率は93~95年のグレグ・マダックス(ブレーブス)以来で、1点台も05年のロジャー・クレメンス(アストロズ)以来となった。打撃部門では、26歳のゴールドシュミット(ダイヤモンドバックス)が本塁打と打点の2冠。最多安打は両リーグ最多の199本でM・カーペンター(カージナルス)。ア・リーグの1試合を残しているが、18年ぶりに200安打達成者が出ない可能性が高い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース