ア・リーグのタイトル確定 防御率は岩隈が3位

[ 2013年10月1日 13:31 ]

 米大リーグは9月30日、ア・リーグのレギュラーシーズン全日程を終了し、ダルビッシュ(レンジャーズ)が277奪三振でリーグ1位となった。防御率2・83は4位。最優秀防御率は2・57のサンチェス(タイガース)で、2・66の岩隈(マリナーズ)は3位だった。

 最多勝は21勝のシャーザー(タイガース)。J・ジョンソン(オリオールズ)が50セーブで2年連続最多セーブだった。

 打撃部門ではデービス(オリオールズ)が53本塁打で初の本塁打王を獲得。138打点も1位で2冠を手にした。

 昨季三冠王のカブレラ(タイガース)は打率3割4分8厘で3年連続の首位打者となった。盗塁王は52盗塁のエルズベリー(レッドソックス)が4年ぶり3度目の獲得。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース