巨人1点守り勝ち!阿南プロ初先発初勝利 ヤクルト6年ぶり最下位

[ 2013年10月1日 20:24 ]

<ヤ・巨>6回2死二塁、長野は右前に適時打を放つ

セ・リーグ 巨人1―0ヤクルト

(10月1日 神宮)
 巨人は神宮でヤクルトと対戦。プロ初先発の阿南の好投で1―0と快勝、連敗を2で止め、ヤクルト戦勝ち越しを決めた。

 両軍無得点の6回2死二塁から1番長野の適時打で先制した。

 先発阿南は打たせて取る投球で5回無失点、その後マシソン、沢村、西村、山口のパーフェクトリレーで逃げ切った。阿南は4年目でプロ初勝利。

 ヤクルトは先発石川が好投したものの、援護なく敗れ、2007年以来6年ぶりの最下位が決まった。バレンティンは3打数1安打で本塁打は出なかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース