ロッテ、接戦落とす…伊東監督「何も追い込まれる必要はない」

[ 2013年10月1日 22:47 ]

パ・リーグ ロッテ2―4西武

(10月1日 QVCマリン)
 ロッテが接戦を落とした。2―1と勝ち越した直後の4回に先発の藤岡がリードを守れず、あっさり2点を失い逆転された。伊東監督は「緊張感のある試合だと自分の投球ができない」と厳しかった。

 打線も4回以降は無得点。これでゲーム差は3位ソフトバンクと0・5に、4位西武とは2・5に縮まった。それでもクライマックスシリーズ進出へ一番近い状態は変わらない。指揮官は「何も追い込まれる必要はない。楽しんでやらないといけないのに、残念でしょうがない」と嘆きが止まらなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月1日のニュース