バレ49年ぶり本塁打記録更新で「新しい歴史作ることできた」

[ 2013年9月15日 22:02 ]

<ヤ・神>1回1死二塁、バレンティンが56号アーチを放つ

セ・リーグ ヤクルト9―0阪神

(9月15日 神宮)
 本塁打のプロ野球記録を一気に2本更新したヤクルトのバレンティンは試合後、会見に応じ「新しい歴史を作ることができて本当にうれしい」と49年ぶりの新記録を喜んだ。

 プロ野球記録タイの55号に並んでから3試合足踏みが続いたが、「(新記録の一発が)出るときになれば出るだろうと。余計なことを考えないようにしてモチベーションを保つことができました」と極力リラックスして臨んだ一戦で一気に2発放った。

 49年前に55本塁打を放った王貞治(巨人)については「尊敬できる偉大な選手。日本記録、世界記録を持ったホームランバッターの王さんの記録に並んで、しかも抜くことができて本当にうれしく思っています」と顔をほころばせた。

 打率、本塁打はリーグ1位で、打点も1位のDeNA・ブランコと5点差。三冠王の期待もかかるが、「これまで結果を出そうとしたときは必ず力んで数字が落ちてしまったので、なるべく考えないように。今まで通り高い集中力を持って打席に立つことを心がけたいと思います」と自然体で臨むことを誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース