ダルビッシュ 0―1敗戦シーズン4度は24年ぶり

[ 2013年9月15日 11:32 ]

アスレチックス戦の6回、マウンドで汗を拭うレンジャーズのダルビッシュ

ア・リーグ レンジャーズ0―1アスレチックス

(9月14日 アーリントン)
 7回1失点、10三振の力投だったレンジャーズのダルビッシュは、打線の援護がなく敗れて自身4連敗となった。今季0―1で負けが付いたのは4度目で、球団によると、1シーズンで4度は1989年以来24年ぶり。

 直球が走らず初回に1点を失ったが、その後は「単純に目の前の打者だけに集中してやった」と淡々とアウトを重ねた。6回には相手のやじに反応する場面もあったが冷静さは保った。

 好投はしても、プレーオフ進出を目指すチームにとっては痛い敗戦。首位アスレチックスとのゲーム差は5・5に広がった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース