黒田が11敗目 イチローは3戦ぶり先発も4の0

[ 2013年9月15日 06:00 ]

<レッドソックス・ヤンキース>7回途中で降板し、ベンチで目を閉じるヤンキース・黒田

ア・リーグ ヤンキース4―8レッドソックス

(9月13日 ボストン)
 ヤンキースの黒田が6回0/3を8安打5失点で11敗目(11勝)を喫した。

 初回は制球が甘く、4長短打を浴びて4失点。2回以降は立て直したものの、味方が同点に追い付いた直後の7回先頭に左前打を許したところで交代を告げられた。その後、救援投手が満塁本塁打を被弾した。「走者を残し、負けにつながったので悔しい」。8月12日を最後に白星から遠ざかり、防御率は4月以来の3点台に落ちた。またイチローは「7番・右翼」で3試合ぶりに先発したが、4打数無安打に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース