和田監督 退場処分めぐり球審にルール確認

[ 2013年9月15日 06:00 ]

<ヤ・神>原球審(左)と話す和田監督

セ・リーグ 阪神0-2ヤクルト

(9月14日 神宮)
 乱闘による退場処分をめぐり、阪神・和田監督が原球審にルール確認する場面があった。

 退場処分は6回表の阪神の攻撃が3アウトチェンジになった後。6回裏に入っても相川の名前がスコアボードに残っており、和田監督は「ルール確認に行った」と説明した。ルール上は6回裏に打順が回るか、7回表の守備で交代すれば問題はない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース