青木は無安打2四球 ブルワーズ敗れる

[ 2013年9月15日 07:52 ]

レッズ戦の3回、バント安打を狙うも投ゴロに倒れたブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ3―7レッズ

(9月14日 ミルウォーキー)
 米大リーグ、ブルワーズの青木は14日(日本時間15日)、ミルウォーキーでのレッズ戦に「1番・右翼」で出場し、3打数無安打、2四球だった。ブルワーズは3―7で敗れた。

 初回の第1打席は空振り三振、3回の第2打席はセーフティーバントを試みたが投ゴロ、5回は先頭で四球を選んだものの得点には結びつかず、7回の第4打席は1死一塁から二ゴロ、9回も四球で出塁したが、快音は聞かれなかった。

 ▼青木の話(無安打は)悔しいけど(シーズンが)終わったわけではない。(九回の守備での補殺は)できることをやっていくことが大事。ああいうプレーをいいきっかけにしていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース