西武 金子のサヨナラ打で延長戦制す

[ 2013年9月15日 17:21 ]

パ・リーグ 西武3―2ロッテ

(9月14日 西武埼玉D)
 西武がサヨナラで4時間を超す熱戦を制した。

 西武は1―2の7回2死二塁で代打・カーターの痛烈な打球を一塁手が弾いた間に、二走・秋山が激走し、捕手のタッチを飛び越えて生還。2―2の延長11回には1死満塁から金子が代わったばかりのロッテ7番手・上野からしぶとく右前打を放った。10回から登板した6番手の増田が今季3勝目。

 ロッテは2度、リードを奪ったが守り切れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース