猿田興業 延長15回サヨナラ勝ち 小松が殊勲打

[ 2013年9月15日 06:00 ]

スポニチ主催天皇賜杯第68回全日本軟式野球大会第1日 猿田興業4―3ZIPANG

(9月14日 島根県立浜山公園野球場ほか)
 <秋田猿田興業>苦しみながら初陣を飾った。

 3点差を追い掛ける特別延長15回に適時打と押し出しで同点に追い付き、最後は2番・小松が右翼線へサヨナラ打。再三、走者を三塁に進めながら得点できない展開に「4―0で勝てた試合」と苦笑いを浮かべた伊藤智史監督。「伊藤樹、中邑の投手陣も含めた守備は持ち味を出せた。若いチームなので大会の雰囲気に慣れてくれれば」とチームの復調を期待していた。

 ▽1回戦
ZIPANG(開催地)
000 000 000
 000 003─3
 000 004X─4
000 000 000
猿田興業(秋 田)
 ※特別延長15回
 (Z)有藤、原淳―吉山
 (猿)伊藤樹、中邑―関

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース