DeNA CS遠のく審判の勘違い 中畑監督「不手際 あり得ない」

[ 2013年9月15日 21:03 ]

4回、投手交代で審判と話し合う中畑監督。後ろの小林太は困惑顔

セ・リーグ DeNA7―8中日

(9月15日 ナゴヤD)
 4点リードをひっくり返され逆転負けしたDeNA・中畑監督は不機嫌極まりなかった。

 中畑監督が「不手際だよね。こっちのミスなら分かるけど、審判がルール上のミスを犯すなんてあり得ない。ああいう緊迫したところのミスはでかい」と嘆いたのは5点を奪われ逆転された4回。先発・須田が1球を投げたところで交代を告げた中畑監督だったが、2番手の小林太が投球練習を始めると、東三塁塁審が「おかしい」と主張。須田をマウンドに呼び戻した。

 東三塁塁審は直前で友利投手コーチが一度マウンドに行っていたことを理由に「ケガ以外では交代できない」と主張(野球規則八・○六)。このため投球練習を終えた小林太はベンチに戻された。しかし、これは東塁審の勘違い。友利コーチがマウンドへ行ったのは中日が「代打・堂上剛」を告げる前であり、野球規則上は継投に問題なかった。

 リズムを狂わされた小林太は死球と2点適時打を浴び、降板。続く大原も同点打を許し、痛恨の暴投で逆転を許した。東三塁塁審の判断ミスが絡んだだけに「投手心理もベンチもおかしいムードをつくった」と中畑監督。これで3位広島と6ゲーム差。クライマックスシリーズが遠のく手痛い敗戦だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース