スーパードラゴンズ 初出場で初戦突破 クラブチームのハンデ何の

[ 2013年9月15日 06:00 ]

スポニチ主催天皇賜杯第68回全日本軟式野球大会第1日 スーパードラゴンズ3―0関東西濃運輸

(9月14日 島根県立浜山公園野球場ほか)
 <京都スーパードラゴンズ>クラブチームのハンデをものともせず初出場初勝利を挙げた。

 5回1死満塁から押し出しで先制すると、4番・湯浅が中前適時打。守っては橋本―佐々木の完封リレーで締めくくった。クラブチームゆえ全体練習は週に1度、日曜日のみ。平日に個人練習で磨いた技術が全国の舞台で花開いた。「京都の代表として恥ずかしくない試合をしたい」。松山恭久監督は次戦に向けて闘志を燃やしていた。

 ▽1回戦
関東西濃運輸(群馬)
 000 000 000─0
 000 020 01X─3
スーパードラゴンズ(京都)
 (関)川野、内田和、通事―川村
 (ス)橋本、佐々木―奥村

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース