1番長野&2番坂本 9の0 原監督「結果が出ないと…」

[ 2013年9月15日 06:00 ]

<広・巨>5回1死、坂本は見逃し三振に倒れる

セ・リーグ 巨人2―4広島

(9月14日 マツダ)
 攻撃的オーダーは実らず連勝が5で止まった。巨人・原監督は今季初めて2番に坂本を起用。だが4打数無安打に終わり、1番の長野と合わせて9打数無安打だった。

 「攻撃的にいったけど全く1、2番が機能しなかったね。(坂本は)一生懸命やってはいるけど、結果が出ないと…」

 指揮官の言葉通り、坂本の不振が長引いていて元気がない。打率は・272に降下。約1カ月前の8月13日に・302あった打率は、・272に急降下。3分も下げてしまったことになる。

 打順も4、8、9番以外全てで起用され、首脳陣の模索が続く。2番は11年6月15日のロッテ戦(東京ドーム)以来2年ぶりだった坂本は「今年はいろいろな打順を打っているので、特にというのはありません。切り替えて、またあした」と話した。壁にぶつかる坂本に原監督は最後に「そこで戦うのもプロだから」。優勝が目前に迫るチームの中で、坂本がもがいている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース