西武 自力CS進出が消滅 3位ソフトBと4・5差に

[ 2013年9月15日 06:00 ]

<西・ロ>6回無死、角中にソロ本塁打を浴びがっくりの西武・山本

パ・リーグ 西武6-9ロッテ

(9月14日 西武D)
 9回に3点差に迫り、なお2死一、三塁としたが、最後は西武・秋山が右飛に倒れ、自力でのCS進出の可能性が消えた。

 渡辺監督は「あれだけ得点した直後に失点したら、リズムをつくれない」。3―3の5回から先発の野上を諦めて継投に入ったが、2番手以降の4投手が続けて失点した。3位ソフトバンクとのゲーム差は4・5に広がり、主将の栗山は「全部勝ちにいくしかない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月15日のニュース