高崎「ひさびさすぎて緊張した」 黒星も課題クリア 交流戦後に期待

[ 2013年6月14日 22:15 ]

4敗目を喫したDeNA・高崎

交流戦 DeNA1―3ロッテ

(6月14日 QVC)
 DeNAの高崎は5月10日以来の先発マウンドで力みが目立った。球威ある球を投げ込んだが失点したイニングは四球が絡み「ひさびさすぎて緊張した。四球を出したことが悔やまれます」と反省した。

 中継ぎに回っていた要因は、腕が振れずフォームのバランスを崩していたからだった。高崎は「思い切り腕を振ろうと思ってそれはできた」と5回3失点の内容に手応えも感じていた。中畑監督は「ボールに力があった。交流戦明けに期待したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年6月14日のニュース