日体大 タイブレーク制した 2年ぶり8強!

[ 2013年6月14日 06:00 ]

<京産大・日体大>タイブレークの延長10回1死満塁、日体大・平野の左前適時打で二走・國島が生還しド派手にガッツポーズ

全日本大学野球選手権第3日・2回戦 日体大8-4京産大

(6月13日 東京ドーム)
 日体大は延長10回1死満塁からのタイブレークで6点を挙げ、2年ぶりの8強進出。

 連続押し出しで2点を勝ち越した直後、平野主将が左前適時打を放ち「点が入っていたので楽に打席に入れた」と振り返った。14日の準々決勝で東北福祉大との対戦が決まり、古城隆利監督は「首都大学リーグの代表として4強に入りたい」と意気込んだ。

 ▼京産大・岩橋(6回2失点)点を取られた4回は走者が出て慎重になってしまった。ただ、真っすぐで押していけたし、三振も取ることができた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年6月14日のニュース