上原&田沢 好救援 1点差勝利に貢献

[ 2013年6月14日 06:00 ]

<レイズ・レッドソックス>8回2死二塁から登板し、打者1人を抑えたレッドソックス・上原

ア・リーグ レッドソックス2―1レイズ

(6月12日 セントピーターズバーグ)
 レッドソックスの上原と田沢が好救援し、1点差勝利に貢献した。

 田沢は7回から登板し、1イニングを3者凡退。2三振を奪う内容に「(同点を許した)おとといはやられて、チームに迷惑をかけた。気持ちで負けずに攻めていこうと思った」と振り返った。上原は8回2死二塁でマウンドに上がり、レイズの主砲ロンゴリアを3球で空振り三振。緩急をつけたフォークがさえ、1/3回を無失点で「抑えられて本当に良かった」と納得の表情だった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年6月14日のニュース