小川監督 嘆きの6四球「これじゃあ、どうしようもない」

[ 2013年6月14日 06:00 ]

<ソ・ヤ>>3回のピンチに武内(左)と話をするヤクルトの村中

交流戦 ヤクルト4-11ソフトバンク

(6月13日 ヤフオクD)
 ヤクルトは投打の歯車がかみ合わずに5連敗。借金は今季ワーストの15まで膨らんだ。

 6四球全てが失点に絡み、小川監督は投手陣に対して「四球を出して打たれてというパターン。これじゃあ、どうしようもない。このままだと厳しい」と嘆いた。その筆頭は先発の村中だ。5回を9安打4四球で6失点。自身4連敗で5敗目を喫し「四球を出しすぎた。全体的にレベルが低い」と猛省していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年6月14日のニュース