元カメラ係 桐蔭横浜大 阿部亮V弾!「手応えは完璧」

[ 2013年6月14日 06:00 ]

<桐蔭横浜大・愛知大>7回2死、右越えにソロ本塁打を放ち次打者・野村(左)とタッチを交わす桐蔭横浜大・阿部亮

全日本大学野球選手権第3日・2回戦 桐蔭横浜大1―0愛知大

(6月13日 東京ドーム)
 桐蔭横浜大の5番・阿部亮が、0―0の7回2死から決勝弾を放った。

 カーブを右翼席に運び「後ろにつなごうと思った。手応えは完璧」。昨秋の明治神宮大会は不振のためベンチ外だった。チームが優勝した瞬間はカメラ係として、スタンドでシャッターを押していただけに「悔しかった。今年のチームで何としても日本一」と力を込めた。初の8強入りを決めた斉藤博久監督は「(阿部亮は)当たっていたので期待していた」とニンマリだった。

 ▼愛知大・水越(6安打1失点も完投負け)昨秋の日本一のチーム相手にここまででき自信になった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年6月14日のニュース