青木 2安打1打点で20連戦締め「終わりが凄く良かった」

[ 2013年6月14日 06:00 ]

<マーリンズ・ブルワーズ>初回、後続の適時打で先制の生還をしベンチで迎えられ笑顔のブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ10―1マーリンズ

(6月12日 マイアミ)
 ブルワーズの青木が2安打1打点で20連戦を締めくくった。

 初回、チェンジアップにバランスを崩しながらも右前へ運び、3得点の口火を切った。4回1死二、三塁では左犠飛を放ち、10試合ぶりの打点をマーク。6回にも中前打し、今季22度目の複数安打で勝利に貢献した。20連戦は9勝11敗に終わったが、最後の6試合は5勝1敗と好調で「終わりが凄く良かった。いい流れの中で試合ができた」と表情は明るかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2013年6月14日のニュース