NPBに抗議メール4000通「説明責任果たしていない」

[ 2013年6月14日 06:00 ]

12球団の選手たちが日本中のプロ野球ファンが“無責任会見”に不信感を持っている加藤コミッショナー

統一球問題

 都内のNPB事務局では終日ファンからの抗議電話の対応に追われた。

 回線が開いた午前10時に8機ある外線電話がすべて鳴り始め、業務終了まで抗議の電話は200本以上あった。対応は事務局員が総出で行った。事務局への抗議のメールも統一球の変更が発覚した11日夜以降、約4000通に達している。

 NPB広報部によれば12日夜の加藤コミッショナーの会見についての反応が多く「説明責任を果たしていない」「ファンを裏切った」など辛らつな内容が多く、加藤コミッショナーの退任を求める声もあったという。同広報部は「これだけ大きな抗議を受けるのは一昨年の開幕問題以来です」と、11年3月に発生した東日本大震災の影響下でセ・リーグがシーズン開幕を強行しようとした問題を引き合いに出し真摯(しんし)に受け止めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年6月14日のニュース