「悪いながらも成果」青木 オープン戦初の3安打

[ 2013年3月28日 08:30 ]

ロイヤルズ戦の1回、右前打を放つブルワーズ・青木

オープン戦 ブルワーズ9―1ロイヤルズ

(3月27日 アリゾナ州メリーベール)
 ブルワーズの青木は27日、ロイヤルズ戦に「1番・右翼」で出場し、4打数3安打だった。内容は右前打、一ゴロ、右前打、三塁内野安打で、7回の守備から退いた。

 オープン戦初の3安打を放った青木は「悪いながらも成果がある日だった」と満足げに話した。昨季は「いい当たりでなければヒットにならなかった」と言う。この日の2本の右前打はともに痛烈な打球ではなかったが、「詰まりながらもライト線に持っていけた」と胸を張った。

 28日の試合は欠場予定で、自身はこの日がアリゾナでの最終戦。6回にも三塁強襲の内野安打を放ち「キャンプのおさらいだった」と笑顔を見せた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月28日のニュース