花咲徳栄・若月 一発放ち「通用した」もリードを反省

[ 2013年3月28日 06:00 ]

<花咲徳栄・県岐阜商>4回無死、若月が左越えソロを放つ

第85回センバツ高校野球第6日2回戦 花咲徳栄3―8県岐阜商 

(3月27日 甲子園)
 埼玉・花咲徳栄は4回にプロ注目の捕手・若月が高めの直球を左中間席に運んだ。

 「打撃は甲子園で通用した」と話した一方で、「四球を怖がってしまった。自分のリードで負けた」と配球面で反省しきり。2回に先制された後も「変化球でいって歩かせるのが怖かった」とストレート主体の組み立てが続き、狙い打たれた。「攻守ともにもっとレベルアップしなければ」と夏に向けての課題を口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月28日のニュース