大谷、2軍戦で2回1失点 さあ、張本以来の開幕出場

[ 2013年3月28日 21:19 ]

 日本ハムの大谷(岩手・花巻東)の開幕前日は慌ただしい一日となった。千葉県鎌ケ谷市の鎌ケ谷スタジアムで行われた2軍公式戦に救援で初登板し、8回から2回を1安打1失点。その後は1軍に合流するため球場を離れた。野手として臨む開幕戦に向け「バッティングとか守備とかしっかりやっていきたい」と意気込みを語った。

 27日の試合が雨で中止になり、この日が登板となったことで打撃練習ができなかった。「二刀流」挑戦の影響が出た形だが、大谷は「明日(29日)の練習で打てるので、イメージだけはしっかり持っていきたい。いい結果を出せるように心の準備をしっかりしたい」と前向きに話した。

 日本ハムで高校出の新人が開幕戦に先発出場すれば、1959年の東映時代の張本以来、54年ぶりとなる。栗山監督は「(可能性は)ゼロではない」と含みを持たせている。「勝つのが一番なので貢献できるように」と言う注目ルーキーが、いよいよ真剣勝負に挑む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月28日のニュース