栗山監督「心だけはつながった」 渡辺監督「勝利に執念を」

[ 2013年3月28日 14:48 ]

 【パ・リーグ6監督 開幕直前一言】

 ▼日本ハム・栗山監督 キャンプからやり残したこともいっぱいあるが、開幕したらチームが成長すると思っている。選手は一生懸命やってくれた。どういう状況でスタートしようが、最後に笑えるようにやっていきたい。心だけはつながった。

 ▼西武・渡辺監督 キャンプ初日から開幕に合わせてやってきた。いい状態で開幕を迎えられる。選手がしっかり自分のやるべきこと、役割分担を考えてできるようになった。キャプテンの栗山を中心にとにかく勝利に執念を燃やしてほしい。

 ▼ソフトバンク・秋山監督 いよいよ長いシーズンが始まる。オープン戦では、若い人たちが1軍の試合を経験したのが大きかった。昨年より高いレベルで試合に入っていける。一試合一試合を大事に積み重ね、最後に日本一になりたい。

 ▼楽天・星野監督 キャンプの初日からわくわく感を持ち続けている。いい顔で楽しかったと言えるシーズンにしていきたい。選手を信じて送り出すだけ。則本は試合をつくってくれたらと思う。自分のいいものを出してくれれば、それでいい。

 ▼ロッテ・伊東監督 一戦一戦、戦っていきたい。チームも若返ってきた。競争意識を持ち、勝ちを意識することで成長できれば。開幕戦の1勝は重みがある。いいスタートを切れるように勝ちにこだわる。粘りのある面白い野球をやりたい。

 ▼オリックス・森脇監督 全員が出そろった状況ではないが、非常にわくわくしている。選手とともに戦っていくスタンスを持ち続けたい。バッテリーを含めた守りと機動力で戦い、必ず最後の短期決戦で選手が躍動するシーズンにしたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月28日のニュース