岩国商・高橋6失点「研究されていたなと思う」

[ 2013年3月28日 06:00 ]

<山形中央・岩国商>甲子園球場を後にする岩国商ナイン

第85回センバツ高校野球第6日2回戦 岩国商2-6山形中央

(3月27日 甲子園)
 山口・岩国商の高橋は、完封した履正社(大阪)との1回戦から一転、6点を失った。4回までテンポよく無失点だったが、先制した直後の5回に三塁打2本を含む4連打で逆転を許した。

 「研究されていたなと思う。低めのスライダーに手を出さず、初球の真っすぐを狙われていた」。走り込みと食生活の改善で体重を4キロ増の70キロとした左腕だったが「もっと体を大きくして球威をつけて夏に戻ってきたい」と再出発を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年3月28日のニュース