筒井 プロ9年目で初セーブ 藪コーチ「球児の魂を注入」

[ 2012年9月19日 22:36 ]

セ・リーグ 阪神1-0DeNA

(9月19日 甲子園)
 阪神の筒井がプロ9年目で初セーブを挙げた。故障で離脱した藤川の代役を果たし「余計なことを考えず、マウンドで自分の投球をするだけだと(藤川に)言われてきた。それができた」と、お立ち台で笑顔をのぞかせた。

 1点リードの9回、先頭の鶴岡を直球だけで三球三振。「初球から勝負にいった」と気合十分で、きっちり3人で抑えた。藪投手コーチは「監督が(抑えに)指名した。(藤川)球児の魂を注入されているからね」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース