涌井 9回満塁の大ピンチしのいだ!西武 連敗4で止める

[ 2012年9月19日 21:18 ]

5回、ソフトバンクに2点リードし笑顔の西武・渡辺監督(中央)

パ・リーグ 西武2―0ソフトバンク

(9月19日 ヤフーD)
 西武・牧田がソフトバンク相手に8回途中まで無失点の抑え12勝目。チームの連敗を4で止めた。負ければ3位ソフトバンクに並ばれるピンチだったが、再びゲーム差を2に広げた。

 牧田は4回まで毎回ランナーを出しながらも粘りの投球で無失点に抑えると、0-0の5回にようやく打線が均衡を破る。1死一塁からヘルマンの右翼線適時三塁打で先制。さらに2死一、三塁から熊代の左翼線にポトリと落ちる適時打でこの回、2点を先制した。

 4連敗で首位の座を日本ハムに譲った西武は前夜、13残塁の拙攻で敗れていただけに打線の奮起がカギだった。この3連戦で初めて先制し、牧田を援護した。

 牧田は8回1死一、二塁でマウンドを譲ったが、代わった守護神・涌井が内川を遊ゴロ併殺に打ち取りピンチを切り抜けた。9回に2死満塁のピンチを招いた涌井だったが、高谷を右飛に抑え逃げ切った。

 12勝目の牧田は「涌井を信じていた。連敗はきょうで止めて、帰ってファイターズ相手にいいスタートを切りたいと気持ちで投げました」と役割を果たし安どの表情。

 西武は21日から首位・日本ハムと本拠地・西武ドームで3連戦。4年ぶりのリーグ優勝へ反撃に出る。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース