中崎 納得のプロ初先発「ピンチはあったが、何とか抑えられた」

[ 2012年9月19日 22:54 ]

7回ヤクルト無死一塁、中村に頭部死球を与え危険球退場処分を受けた広島先発の中崎

セ・リーグ 広島1-3ヤクルト

(9月19日 マツダ)
 プロ初先発となった広島の中崎は、内角を突く攻撃的な投球で6回まで無失点と試合をつくった。7回、中村への頭部死球で危険球退場となったものの「ピンチはあったが、何とか抑えられた」と納得の表情を見せた。

 昨年、宮崎・日南学園高からドラフト6位で入団。西武に所属する兄の雄太より先にプロで初先発したが、初勝利はお預けとなった。「次が大事になってくる。しっかり抑えたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月19日のニュース