ソフトB 2位西武に1差!森福、ピンチに連続三振斬り

[ 2012年9月19日 06:00 ]

<ソ・西>7回2死満塁、代打・高山を空振り三振に抑え雄叫びをあげるソフトバンク・森福

パ・リーグ ソフトバンク5-1西武

(9月18日 ヤフーD)
 ソフトバンク・森福が執念で耐え抜いた。2点リードの7回1死満塁はヘルマンをスライダーで空振り三振。代打・高山もシュートで三振に斬り、左手を握った。「あそこ(高山の打席)は後悔したくなかった。ベストボール」。9連戦のまっただ中、6試合に登板し、チームが挙げた5勝全てに貢献。2位・西武に1ゲーム差まで迫った。

 今季はファルケンボーグが故障がちで守護神を任されたが、夏場以降は度重なる失敗に「2軍行きも覚悟した」。だがスランプ脱出へ9月9日のロッテ戦後、無人のヤフードームのマウンドで投げ込むと「感覚が戻ってきた」と復活の手応えをつかんだ。「中継ぎ陣が本当に良くやってくれている」と秋山監督。リーグV3へ、首位・日本ハムを追撃するピースが整った。

 ▼ソフトバンク・二保(育成から4年目でプロ初先発も3回1失点で降板)自分の投球ができなかった。貴重な機会を与えてもらったので、次への糧にしたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース