高木監督 権藤コーチと口論 テレビ中継されちゃった

[ 2012年9月19日 06:00 ]

<中・巨>逆転され渋い表情の中日・高木監督(右)と権藤投手コーチ

セ・リーグ 中日5-9巨人

(9月18日 ナゴヤD)
 投手起用をめぐり、ベンチ内で中日・高木監督と権藤投手コーチが激しく口論した。問題の場面は同点の7回。2イニング目となったソーサが4連打を浴びるなど4失点で初黒星を喫した。

 高木監督は「ソーサを続投させたのが負け。(他に)投手は5人もいるのに」と激怒。これに対し、権藤コーチは「もう(相手打線が)勢いづいていたし、あそこからは誰がいっても一緒」と応戦した。この場面はテレビ中継でも映し出された。8回の攻撃では2死一塁で投手の矢地がそのまま打席に立ち、ファンがざわつく場面も。後味の悪さだけを残した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース