ソフトバンク痛い零敗…秋山監督「点が入らなかった」

[ 2012年9月19日 22:32 ]

パ・リーグ ソフトバンク0-2西武

(9月19日 ヤフーD)
 秋山監督がため息をもらした。「点が入らなかった」。ソフトバンクは痛い零敗で、首位日本ハムとの差は4・5ゲームに広がった。ともに残り12試合。仮に日本ハムが6勝6敗の場合、ソフトバンクは10勝2敗でも勝率で上回ることができない。

 ポイントは0―2の8回には無死一、二塁。9回も2死満塁と攻めたが、あと1本が出ない。指揮官は「まだまだあるから頑張らないと」と言葉を絞り出した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース