加藤コミッショナー 原監督強く希望も難色で秋山監督浮上 

[ 2012年9月19日 07:58 ]

侍ジャパンの最有力監督候補に浮上したソフトバンク・秋山監督

 加藤良三コミッショナー(71)が18日、来春のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパンの監督を12球団の現役監督から選考する意向を明かし、昨年日本一に輝いたソフトバンクの秋山監督を軸に人選が進められている。

 今回の監督選考を一任されている加藤コミッショナーは、当初は09年の前回大会で2連覇に導いた巨人・原監督を強く希望していた。

 しかし、原監督が難色を示している背景もあり、3月の東日本大震災復興支援試合・台湾戦(東京ドーム)で指揮を執った秋山監督が最有力候補として浮上していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース