球児 今季1軍登板を“辞退” 今オフ海外FA権行使へ

[ 2012年9月19日 06:00 ]

鳴尾浜球場を訪れた阪神・藤川

 右内転筋痛のため18日に出場選手登録を抹消された阪神・藤川球児投手(32)が、今季は1軍で登板しない意向を明かした。

 今後のリハビリについてトレーナーと話し合うため鳴尾浜球場を訪れた藤川は、早期復帰の可能性を問われると「クライマックス進出の可能性があれば、それに向けて頑張りますけど」とし、最終戦の金本の引退試合での登板についても「投げたいというのはない。1軍にいなかったとしても、グラウンドで金本さんの雄姿を見たい」と話した。

 藤川は今季、海外フリーエージェント(FA)権を取得。今オフにFA権を行使する意思を固めており、来季のチーム再建のために自身の1軍枠を若手に譲る考えがあると思われる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース