館山13K11勝!小川監督「心中でいいかなと思った」

[ 2012年9月19日 06:00 ]

<広・ヤ>完投勝利を挙げたヤクルト・館山(中央)はナインと笑顔でハイタッチ

セ・リーグ ヤクルト2-1広島

(9月18日 マツダ)
 ヤクルト・館山が今季最多146球の熱投で6安打1失点完投。今季最多の13三振を奪い11勝目を挙げた。

 「根気よく低めを狙って投げた」。2回無死三塁から暴投で先制を許したが、投球数の約4割を占めたシンカーとフォークを効果的に使った。堂林は4打席連続空振り三振に仕留め、格の違いも見せつけた。これで自身5連勝。小川監督も「館山と心中でいいかなと思っていた」と満足そうだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース