雄平 小川監督に感謝「言ってもらえなかったら、打てなかった」

[ 2012年9月19日 22:31 ]

セ・リーグ ヤクルト3-1広島

(9月19日 マツダ)
 ヤクルトの雄平が0―1の七回無死満塁で左前に同点適時打を放った。打席の前に小川監督から「結果は気にしないでいけ」と声をかけられたという。雄平は「言ってもらえなかったら、打てなかった。感謝しています」と笑顔で話した。

 野手に転向して3年目。1日に1軍に昇格し、13日からは1番での先発出場が続く。2試合連続2安打と好調な28歳は「技術的なものはまだまだだが、最善を尽くしていこうと思っている」と謙虚だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月19日のニュース