北條、連続失策にうつむく「自分の実力がなくて…」

[ 2012年9月7日 22:49 ]

18U世界野球選手権第8日 日本5―10米国

(9月7日 ソウル)
 日本は6失策と守備が乱れた。特に痛かったのは1点リードの7回。甲子園大会では華麗な遊撃守備を見せた北條が2連続で失策を犯した。逆転負けにつながった痛恨のミスに「自分の実力がなくてエラーになった」とうつむいた。

 打撃も調子が上がらず無安打に終わった。「(不振の)要因は分からない」と声を絞りだした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース