復帰後9戦5発!ブランコ奇跡の逆転V諦めない

[ 2012年9月7日 06:00 ]

<中・広>初回、ブランコは左越え21号2ラン

セ・リーグ 中日3-0広島

(9月6日 ナゴヤD)
 オレは諦めない。竜の主砲の魂が込められた弾丸ライナーが、左翼フェンスの最上部で弾み、スタンドに飛び込んだ。初回2死二塁で出た中日・ブランコの21号2ランは、そのまま決勝弾となった。

 「最後までどこまでも力強く、という気持ちでやっている。みんなで最後に喜べるようにね」

 巨人は引き分け。半歩とはいえ、背中が近づいたのは8日ぶりだ。なお残る8ゲーム差にも、B砲は逆転Vへの望みを捨てない。左手甲骨折から約1カ月半ぶりに復帰した8月28日以降は9戦5発。守備、走塁でもハッスルプレーを連発する。

 「長い期間、チームを離れて迷惑をかけた。そういう借りも返さないといけないから」

 例年、終盤戦で無類の力を発揮する助っ人。高木監督も「今のウチは彼が頼りだから」と絶賛した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース