野上、連勝ストップ 渡辺監督「あまりプロらしい内容では…」

[ 2012年9月7日 22:44 ]

6回途中で降板する西武・野上

パ・リーグ 西武0―1楽天

(9月7日 Kスタ宮城)
 西武の野上に6月27日以来の4敗目がついた。5回1/3を1失点と試合はつくったが、渡辺監督は「結果オーライ(の投球)。あまりプロらしい内容ではなかった」と辛口だった。

 四回を除いて毎回、先頭を塁に出した。すべて得点圏へ進まれ、五回に許した1点が致命傷となった。連勝が6で止まった右腕は優勝争いの重圧もあったようで「慎重にいこうとしてしまった。もっと自信を持って大胆に攻めないと」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース