代走イチロー果敢に決勝ホーム 黒田の白星アシスト

[ 2012年9月7日 06:00 ]

<レイズ・ヤンキース>7回表1死、二、三塁、デレク・ジーター(左)のニゴロの間に本塁突入。勝ち越しの生還をする三走・イチロー

ア・リーグ ヤンキース6-4レイズ

(9月5日 セントピーターズバーグ)
 ヤンキースはイチローの足で決勝点をもぎ取った。7回無死一塁で代走として出場し、安打と犠打で1死二、三塁。内野陣が前進守備を取る中、ジーターの二ゴロで果敢に本塁に突入すると、二塁手ジョンソンの悪送球を誘い、二塁走者も生還した。100球を超えていた黒田は6回で降板予定だっただけに、右腕の白星をアシストする走塁だった。

 「あれは普通セーフにはなれない」。1死での三塁走者はゴロならスタートを切るチームでの決め事があったが「キャッチャーの右側、ちょっと外から行きたいというところ」とスライディングのイメージは描かれていた。悪送球したジョンソンは「イチローの足の速さは分かっていた。慌てた」と認めた。

 ジョー・ジラルディ監督も「みんながいい仕事をした」と笑顔。6日(日本時間7日)からの2位・オリオールズとの首位攻防4連戦へ、弾みをつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年9月7日のニュース