むち打ちのような症状?負傷の森は病院に直行…

[ 2012年9月7日 23:03 ]

18U世界野球選手権第8日 日本5―10米国

(9月7日 ソウル)
 日本は7回の守りの際、本塁での接触プレーで捕手の森が負傷。8回も打席に立ったが、その後交代し、試合が終わると病院に直行した。チームに同行する日本高野連の竹中参事は「むち打ちのような症状があるので、念のため検査してもらう」と説明した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース