日本残った!米国に勝てば決勝へ 18U世界野球選手権

[ 2012年9月7日 12:49 ]

 18U世界野球選手権第8日は7日、ソウルで2次ラウンドが行われ、台湾がコロンビアに3―1で勝利。通算成績を3勝2敗とした。

 この結果、日本は同日の米国戦(日本時間午後6時~)に勝てば、8日の決勝に進出する。3日のイタリア戦で7回無失点に抑えた神原(東海大甲府)が先発予定。

 ▽2次ラウンドの順位決定方式 6カ国で争われ、A、Bに分かれた1次ラウンドで対戦しなかった3カ国と戦う。1次ラウンドで戦った国同士の対戦成績も加えて行われ、成績上位2チームが決勝に進出。同3、4位で3位決定戦、同5、6位で5位決定戦が行われる。勝敗数で並んだ場合は当該チーム同士の(1)直接対決成績(2)得失点率(3)チーム自責点(4)チーム打率(5)コイントスの順で順位が決定する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース