稲葉 不惑の代表入り「選手である以上当然目指す」

[ 2012年9月7日 06:00 ]

不惑での日本代表入りに意欲を見せた日本ハム・稲葉

 日本ハムの稲葉が不惑の代表入りに意欲を見せた。参加が決まった来春のWBCについて、「難しいかもしれないけど選手である以上、代表入りを目指すのは当然。日の丸に憧れもある」と話した。

 自身は08年北京五輪、さらに09年の第2回WBCでは4番も務め22打数7安打、打率.318とチームをけん引。「そこで得たものは大きい」と振り返る。40歳の稲葉が代表に入れば、WBCでは日本史上最年長プレーヤーとなる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年9月7日のニュース